時代に翻弄される精神科長、困惑の渦に

picture

時代の変化と精神疾患

精神医学の世界では、時代とともに流行の病気は移り変わります。かつては「夫婦」と呼ばれる、記憶喪失と放浪を特徴とする病気が流行していました。しかし、こうした病は次第に姿を消し、今では発達障害など別の病が注目されるようになりました。このような時代の変化が精神疾患に及ぼす影響は明らかで、病気のあり方や捉え方にも変化が生じています。

しかしながら、年齢によっても病気のなりやすさや症状の出方に違いが見られます。たとえば、子どもでは不安障害やチック障害が多く見られる一方、高齢者では認知症気分障害が増加します。このように、時代と年齢の両方によって、精神疾患の様相は大きく変化するのです。

続きを読む

躁うつ病(双極性障害)の薬物治療ガイド: 安定した生活を取り戻す

picture

躁うつ病双極性障害)の薬物治療

躁うつ病双極性障害)の薬物治療ガイド: 安定した生活を取り戻す

躁うつ病双極性障害)は、気分の変動が激しい精神疾患です。躁状態鬱状態の両方が経験できます。気分安定薬躁うつ病の治療において重要な役割を果たします。

続きを読む

プロ精神科医から学ぶ、人前でのプレゼンを克服するための暴露療法

picture

プロ精神科医が教える、人前プレゼンの克服方法

プロ精神科医から学ぶ、人前でのプレゼンを克服するための暴露療法

プレゼン中に緊張に押しつぶされそうになった経験はありませんか?

続きを読む

報道が心の揺れを誘うとき:精神科医が患者を支える

picture

報道が心の揺れを誘うとき: 精神科医が患者を支える

報道が心の揺れを誘うとき: 精神科医が患者を支える

社会を揺るがすようなニュースが流れると、人々の心に大きな影響を与えます。特に、精神疾患を抱える人にとっては、ネガティブなニュースが不安や落ち込みを悪化させる可能性があります。

続きを読む

発達障がいか個性か?環境か能力か?もつれの原因を探る

picture

発達障害の理解

発達障がいか個性か?環境か能力か?もつれの原因を探る

発達障害とは、脳の発達が定型的に進まず、社会的な対人関係やコミュニケーションに困難をきたす障害です。その種類は自閉症スペクトラム障害ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害など多岐にわたります。

続きを読む

投影同一視:自衛のための他者への否定

picture

投影同一視:自衛のための他者への否定

投影同一視とは、自分の中に生じた否定的な感情や衝動を、あたかもそれが他者から発せられているかのように感じ取ってしまう心理のこと。例えば、自分が怒っているときに、相手を怒っているように感じ取ったり、自分が不安を抱いているときに、相手が不安を煽っているように感じ取ったりします。

自己防衛のために他者への否定を行うパターンとしては、大きく分けて3つの段階があります。

続きを読む